タイトル 残吼がきこえる
 公開日 2019年初夏
 制作ツール ティラノスクリプト
 画面サイズ 1280*720
 対応機種 Windows Vista/7/8/10
 企画 伊地幹
 領布形態 フリーウェア
 ジャンル 異世界迷い込みADV
 種類 短編BL・異世界脱出
 時間 未定
 年齢制限 全年齢

本作品には内容に差別や偏見の強い描写が含まれます。
事前に作品傾向を確認した上でプレイするよう、お願いいたします。
また、本作品により不快感を得たりなんらかの肉体的または心理的作用があっても、
当サークルは一切責任を負いません。



















浪人生の杉来トオルは、将来に悩みながらも2度目の受験に向かい勉強中。
勉強の息抜きにと、恐竜が大好きな甥っ子と自然史博物館に訪れるが、
とある恐竜の展示の前で突如意識が暗転する。
意識を取り戻したトオルの目の前には、荒涼とした知らない世界が広がっていた。
そうして辺りを捜し回るうちに獣に襲われそうになったところを、スプロという男に助けられる。
スプロはトオルを自身の住処である骨の洞窟へと連れて行く。
他に手段のないトオルは、戸惑いながらもスプロとの奇妙な共同生活を始めるが――。



































◆杉来 トオル◆
主人公。割とマイペースな浪人生。
恐竜好きの甥っ子にせがまれて博物館に行ったら、
いつの間にか知らない世界に来ていた。



◆スル・スプロ◆
謎の男。骨の洞窟の主。
寡黙で何を考えているかはわからないが、トオルの世話をしてくれる。
友達はいないようだ。












準備中











準備中